ワイモバイルLTEとWiMAXを比較してみた

ワイモバイルLTEとWiMAXと言えば、モバイル無線通信回線の業者として有名です。 ここでは、ワイモバイルLTEとWiMAXを比較してみます。

WiMAXですが、通信速度は下り最大220Mbpsとなり、上り最大10Mbpsとなっており、ギガ放題というプランを契約すれば月間の通信量の制限はありません。 ワイモバイルLTEとしては、下り165Mbps、上り最大10Mbpsとなっており、プランによては通信制限があります。 通信速度だけで言いますと、WiMAXに軍配が上がりますが、WiMAX、ワイモバイル共に通信制限があるので注意が必要です。 モバイルルータとしては両社ともに同じようなスペックになっています。

WiMAXとワイモバイルLTEと最大の違いとしては3日間上限をオーバーして速度制限された時に低速化時の速度が異なります。 具体的な数値は発表されていませんが、利用者の口コミや評判からもWiMAXの方が速度制限時でも速度がでています。 このことからインターネットをどのように利用するかが決め手になってくると言えるでしょう。 例えば、インターネットを通して動画サイトを良く視聴するような方の場合は、通信制限時でもあるていど速度の出るWiMAXがお勧めですし、反対に仕事としてメール文書のやりとりや比較的にデータ量の小さなファイルをやりとりするような場合には、ワイモバイルLTEでも問題ないと言えます。 また、回線の速度やつながりやすさと言う点では、WiMAXでは屋内の接続が厳しいと言う意見もあります。 実際の回線速度に関しては、電波状況などによっても異なってくるのですが、実測値の計測を見てみるとWiMAXの室内での繋がりにくさも大分マシになってきてはいるようです。

ワイモバイルLTEとWiMAXの通信制限について

何かと比較されることが多いワイモバイルLTEとWiMAX。 どちらも高速無線通信のインターネット回線のことで、LTEと言えば携帯電話各社が宣伝していたことで、御存知の方も多いでしょう。 このことから、ワイモバイルLTEとWiMAXのどちらを選択しようと迷っている方も多いかもしれません。 どちらにも一長一短がありますので、どちらが優れている言うものでもなく、強いて言えばどのようにインターネットを利用するかが問題になってくると言えます。

特にワイモバイルLTEとWiMAXの大きな違いとしては通信制限があります。 ワイモバイルの場合、前日までの3日間の通信量が3GBを超えると当日6時〜翌日6時までは通信速度に制限がかかってしまい下り0.07〜0.11Mbpsしか速度がでません。 動画サイトなどを良く利用する方であれば、この通信量の制限があるのはちょっと厳しい制限だと言えます。 また、インターネットを利用してゲームをしようと考えている方であれば、固定回線を利用した方が良いでしょう。 LTEの利用をする場合は、ビジネス用として利用すると便利だとは言えますが、プライベートの趣味などのために使うとなるとこの通信制限は非常に心許ないと言えます。 対するWiMAXの場合はワイモバイル同様に3日間の合計通信量が3GBを超えた翌日の昼ごろから翌々日の昼頃まで、下り1〜6Mbps程度に通信制限されますが、ワイモバイルと比較すると速度制限時でもある程度の速度は出ます。 WiMAXの場合は、動画の視聴などを行ってもひどいストレスになるほどのは問題ないと言えます。

WiMAXはプロバイダ毎に料金が異なる

WiMAXを契約する時に、何も考えずに契約をしてしまいますと、大きな損をしてしまうかもしれません。 WiMAXには様々なプロバイダーがありますし、インターネットの利用や、契約期間などのことも考えて契約しておかないと、WiMAXの契約で損をしてしまうことになります。

では、WiMAXを提供しているプロバイダーを選ぶ時にはどのような点に注目しておくと良いのでしょうか? 先ず、第一に考えたいことは料金や月額の利用料金、初期費用はかかるのかといったことです。 WiMAXの端末の価格は幾らするのか、キャッシュバックなどのキャンペーンはあるのか、などを比較して年間でどのくらいの費用になるのかを考えておくと良いでしょう。

次に、契約期間です。 WiMAXの料金プランの中で、年間契約をすると料金が軽減されるケースが多いのですが、契約期間内に解約をしたりすると解約金や違約金なども発生してしまいますので、契約期間には注意しておきましょう。

最後に通信の品質やサポート体制です。 WiMAXに関しては基本的にUQ WiMAXの基地局を利用しているのですが、インターネットの通信の品質に関してはそれぞれのプロバイダによって異なってきますので、信頼性を求めるのであれば老舗のプロバイダなどを選ぶようにすると良いですね。

また、初心者の方に関しては、サポート体制が充実しているプロバイダを選ぶようにしておくことが重要です。 何か問題が起こったときにしっかりと対応して貰えるかどうかはとても大きな問題になってくるからです。