WiMAXの屋内での速度

WiMAXの速度は屋内であると遅くなるという話があります。 実際のところ、WiMAXの速度は屋内では遅くなってしまうのでしょうか?

WiMAXの速度が屋内で遅くなってしまう理由の1つとして、電波の帯域をあげることが出来ます。 WiMAXの回線で使われている電波の帯域は直進性が高く、その為に障害物があると回線が繋がりにくくなるとされています。 このため、屋内では繋がりにくいとされているのですが、近年ではWiMAXのエリアが広がっていること、基地局が増えていることなどによって、随分と改善されてきているようです。

例えばですが、家の中でも窓などに近い場所だと繋がりやすいと言った状況であったものが、家の奥まった場所でも以前よりも繋がりやすくなってきている現状があります。 ライバルにワイモバイルLTEなどが出てきていますが、WiMAXとしては一日の長がありますので、基地局などに関しても随時増えていっているようですね。

固定回線と比較してしまいますと、分が悪くなりますが引っ越しなどの手間を考えた場合は、WiMAXでも十分に使用するメリットがあると言えます。

また、下りの速度だけではなく、上りの速度のそれなりに使えるといった意見も多く、光回線を使っているよりは遅いがADSLよりは利用しやすいと言うような方も多くいらっしゃるようです。 WiMAXの場合、光回線と違って引き込み工事がありませんので、引っ越しの多い方などは固定回線の代わりに利用している人も多くなってきているそうです。

WiMAXは3日合計3GB超え時の速度はどのくらい出る?

WiMAXはプラン問わず3日間の合計通信量が3GBを超えると速度制限の対象になります。 速度制限されるのは、翌日のお昼頃から48時間の間低速化します。

速度制限時の速度ですが、実測で下り1〜6Mbps程度の速度で通信が可能です。 1〜6Mbpsは速くもないですが、遅くもないという感じの速度で、利用環境(場所や時間)によって速度は異なります。

ワイモバイルの低速化時の実測度が、下り0.07〜0.11Mbpsなので比べるとあきらかにWiMAXの方がマシと言えますね。 理想は完全無制限での利用なので、ここでは「マシ」という表現にとどめておきます。

WiMAXは契約前に必ずTRY WiMAXでお試しをする!

WiMAXは、速度自体は結構速いので問題ないですが、エリアの問題で利用環境によっては繋がりにくい可能性もあるので事前に「TRY WiMAX」というサービスを利用してご自身のりよう環境下でも問題なく使えるのかを確認しておくことをお勧めします。 お試し利用することで、自分が1日にどれくらいの通信量を消費しているのかや3日制限にかからないか、かかった時どれくらいの速度がでるのか、速度制限されてもストレスを感じずにネットがつかえるか、などの確認してください。

そうすることで、本契約後のトレブルも回避できますし、WiMAX、ユーザー双方にミスマッチが無くなります。

WiMAXをお試し利用した後は、本契約するプロバイダを決めます。 プロバイダによって月額使用料やキャンペーン特典が異なるからです。

WiMAXのキャンペーン特典の比較や月額使用料などの違いはWiMAXの比較サイトなどを参考にすると分かりやすいです。

WiMAXのキャンペーン比較が参考になるサイト
WiMAXキャンペーン比較!プロバイダ契約おすすめは?お得なのはどれ

WiMAXの比較サイトを利用する時に注意したいのが、更新日です。 サイトの更新が止まっていて古い情報が掲載されていることがあるので、更新日が記載されたサイトをチェックすることをお勧めします。